【ディスクアップ】現在累計約2万回転までの詳細データ集計[同色BBの色やDT突入率やDJZ欠損G数など]

現在稼働日記として公開しているディスクアップ実戦の12戦目までの累計データを少し詳しく集計してみました。

DT突入率とか絶対50%より悪そう、と思っていたら意外や意外…と思ったり、

DJZが100%ビタよりもどのくらいのゲーム数の欠損をしているのかと戦々恐々してみたり、

まとめてみていざ見てみると面白いですね。

世のディスクアッパー様たちと比べてしまうとまだまだ少ない回転数ですが、よかったら見てみて下さい。

▼第1戦~第12戦までの過去記事はこちらから読めます!

▼第一戦の様子はこちらから読めます ▼第二戦目の様子はこちらから読めます ▼第三戦目の様子はこちらから読めます ▼第四戦目...

スポンサーリンク
336-280

【ディスクアップ】詳細データ集計[同色BBの色やDT突入率やDJZ欠損G数など]【現在累計約2万回転まで】

※赤…設定1に対して余剰に引けている回数
※青…設定1に対して不足している回数

累計ゲーム数:21098G

BIG合算:73回(1/289)※-0.07回

同色BIG:69回(1/305.77)※-1.5回
├赤:28回(1/753.5)※+4.5回
├青:20回(1/1054.9)※-3.5回
└黒:21回(1/1004.67)※-2.5回

異色BIG:4回(1/5274.5)※+1.4回
├非有利区間移行:3回(1/7032.67)※+1.7回
└有利区間移行:1回(1/21098)※-0.29回

REG:40回(1/527.45)※-2.5回

NBB:HBB比率

NBB49回(71%):HBB20回(29%)

DT当選回数:26/49(53.06%)※+2.66%

合計DTゲーム数:1960G

合計DJZゲーム数:3214G※-518.9G
├NBB:2243G※-407.9G
└HBB:971G※-111G

ビタミス回数:88回(平均約1.8回/1BIG)
├概算1ビタ平均上乗せG数を約5.79642G/1回とした場合のビタミスによる損失G数
510.08G
※概算平均はビタ発生率を1/3(公式発表約1/3より)、平均上乗せを54.1Gから算出
※ミス=ビタミス&救済3択をミスした場合にカウントしています
※毎回のビタ発生回数は数えていないので、おおよそ88/455.7(発生率1/3とした時の平均デデリ数)=約80%の上乗せ成功率…か。低いなw

NBB平均上乗せG数(ビタミス含む)
45.78G/1BIG※-8.32

HBB平均上乗せG数
48.55/1BIG※-5.55

※参考数値・ビタ押し成功率100%時のDJ ZONE上乗せ平均ゲーム数54.1G

投資5413枚+100k 回収10733枚
※現金投資分内訳:(1k=47枚貸し)のため→100×47=4700枚投資

差枚:10733枚-10113枚=620枚(100.98 %)

おまけ
遅れからの当選…1回/沢山
ダブルスタート音からの当選…1回/1回
反転キャラ…1回(というか3桁はこの100Gの1回だけ)
ジュワン上乗せ無し…1回

なるほど。

上記データでは唯一DT当選時のG数振り分けのみはっきりとしないのですが、ボーナスやDT当選率などほとんどの数値が設定値通りと言ったところでしょうか。

そして出玉に大きな欠損を生み出しているのが…

火を見るよりも明らかな

DJZが従来の最大値よりも518.9Gも損している

というところですね。

これはでかい。

ARTがビタが完璧な人より500G少ないってことですからね。

500G…ART500G上乗せを一回失っている感じか。

HBBでの上乗せはもちろん100%ビタと同じ上乗せ性能となるのですが、111Gも足りていない。

ただし、本来ビタ88回ミスしていることによるNBBの損失G数は510.08Gのはずが407.9Gで済んでいるということを考えると、ジュワン一回当たりの上乗せ数字はおおよそ設定値通りで特別引き弱ではないと言えるのかと思います。

そう考えた場合、ビタが完璧に出来ており518.9GのARTを獲得していたとした場合

518.9×0.5=約259.45枚(ART純増分)

518.9÷32=16.2k=約810枚(通常時純減分)

この合計約1070枚が回収枚数に少なくとも上乗せさせられていたということですね。

これを考慮した場合の結果を見てみると

差枚:11803枚-10113枚=1690枚(102.67 %)

う~ん…見事なまでに103%の近似値ですね。

実際には足りていないART中に引いたボーナス(主にREG)当選でのDT上乗せ分もありますので、103%なんでしょうね。

うわー。

引きとかの問題でなく、完全に自力で負けてるってことか~。

意外と精神的ダメージくらうな、これw

まあ、ビタを頑張れってことですな。

しかし逆に言えばビタ上乗せを平均2ミスくらいであれば平均的に引いていればこのくらい甘いと言えるデータになるってことでいいのかな。

もっと言えば、同色ビッグを2~3回引き勝てていれば十分103%には行ってるだろうということも言えるか?

もちろん設定1前提での記載となっているので、実際には2以上の設定を打っている可能性もありますけどね。

次回まとめ時にはどうなってるか興味がありますね。

それはその時になってみないとわからないことなので…

まあ、何はともあれビタをもうちょっと頑張れってことですな!!

頑張るよ!

ただでさえ面白いディスクアップをより楽しむためにも頑張るよ!

ということでディスクアップ約2万回転詳細データでした。

\\いつ行ったって103%~♪//

\\どれ打ったって103%~♪//

\\激甘機種ディスクアップ~♪//

\\\ジュワン♪ジュワン♪///

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. デルソラー より:

    初コメントです。

    ディスクアップ面白いですね。
    熱い演出パターンが絶妙な割合ではずれるところが(笑)

    P-worldの書き込みやYouTubeのパチスロ演者動画を見ていますと、大きいDJ-Zone上乗せは内部的に確定役になっていてビタ押しに失敗しても大丈夫ではないかと言われています。
    救済が1/3以上で揃わないのなら、帳尻合わせとして、ビタができていないと3択では絶対に揃わないというフラグも同時に用意されていると考えられます。

    ディスクアップの甘さは、失敗したときの下がり幅が小さいというところかと思います。
    ビタ押し成功率50%でも99.9%!?とありますが、これを信じて計算すると5.7ゲームも減らなさそうですし、ホールの出玉データで見ると実際甘いというのが嘘でもなさそうですね。
    (※ビタ50%では確実なボーナスフォローができないはずなのでその分は下がりますが…)

    ひぐらしやロックマンは失敗時の下がり方が厳しく、実際には浮かせるのは難しいですが、ディスクアップは本当に出ますね。

    • もっくん より:

      ディスクアップ本当に面白いですよね!
      ハズレも含めて、バランスが素晴らしいですねw

      演者動画はテツさんの言っていたやつですかね?
      でも個人的には救済で大きなゲーム数乗ったことないので、どうなのかなあ…とは思っています。
      個人的にですけどね。

      最近色々疑問が溜まってきたので、一度公式に問い合わせてみようと画策中ですw

      ロックマンなどと比べると、失敗の下がり幅が小さいことと似てるのですが、
      無駄引きがほぼないこともディスクアップのいいところですよね!

      ロックマンとか折角成功しても30G以内でボーナス引いたら成功の意味がない(バケ引いたらなおのことw)とか、
      打ち手に損を感じさせる場面がディスクアップにはないのが素晴らしいですよね。

      ディスクアップは間違いなく同色BIGが内部確率くらいで引けていればプラスになるって誰もが体感できますよね。
      同色が1/320くらいが損益分岐点ですかねえ…

  2. デルソラー より:

    ジャグラーの逆押しコーナーでコメントしてましたね、すみません。
    ディスクアップ以外でもパチスロの記事が充実してますね。

    • もっくん より:

      あ、本当ですねw

      知らずの内に見てもらえていたっていうのも嬉しいですね。
      全然、謝らないでください~