【愛すべき1000はまりコレクションその2】ゴッドイーター2

確率は上にも下にもぶれる。ぶれて当たり前。

むしろぶれずに確率通りに毎回当たっていたらその方がおかしい。

確率以上に引けて連荘している時は自分の引きを褒め、

確率以上に引けずおおはまりしている時は台を責める。

999と1000。

その差は1しかないけれど、3桁と4桁を分ける境界線。

誰しも4桁はまりなんてしたくない。

1000はまりなんてしたくはない。

でもしちゃう時はしちゃうもんなんだなあ。

▼過去の愛すべき1000はまりコレクションはこちらからご覧いただけます
【その1】クレアの秘宝伝2~眠りの塔と目覚めの石~

1000はまりコレクションでは自分が打った台だけでなく、他人が打った台も含めて1000はまり以上の台を見つけた場合にご紹介!基本的にはAタイプ(ノーマル機種)となります。

が、第二回目にして既に本筋と異なるという信念のなさは置いておくとして、今回は5.9号機代名詞天井非搭載ART機の台をピックアップ!

スポンサーリンク
336-280

【愛すべき1000はまりコレクションその2】ゴッドイーター2

●ゴッドイーター2ボーナス・ART確率

設定 ボーナス合算 ART ボーナス&ART合算
1 1/327.7 1/390.4 約1/178.2
2 1/324.4 1/387.4 約1/176.6
3 1/318.1 1/385.1 約1/174.2
4 1/315.1 1/382.4 約1/172.8
5 1/309.1 1/379.1 約1/170.3
6 1/306.2 1/375.9 約1/168.7

1000はまりコレクション第二回目の機種はゴッドイーター2!

ボーナスもARTも単独で見た場合にはそんなに軽いとはお世辞にも言えないが、そのどちらかが当たるということであれば、合算するとそこまで激重というわけでもない、荒波というよりは、比較的バランススペックなART機ですね。

そんなゴッドイーター2で、ホールを見て回っていたらこんなデータの台に遭遇!!

1333Gはまり!!

全体図がこちら

惜しむらくは出来れば有利区間ランプがついた状態で放置されていたら5.9号機のもの悲しさを語る写真としては完璧でした。

1333Gはまりは、設定1で約7.48倍はまり!

起こりえる確率は0.0552%%!!(約1810.62回に1回の確率)

ちなみに1/65536のフリーズを引ける確率は0.00152587890625%!

これに比べると1000はまりなんて結構簡単に出来ちゃうものなんですね。
※1回転で引く確率と、1333回転はまる確率という違いはあります

5.9号機ですのでその性質上、ART機ながらも天井は非搭載!

でも有利区間(ART等)は1500Gでぶった切るよ!!

5.9というナンバリングが示すように、これが5号機の最終形態。

遊べる5号機もついにここまで進化を遂げたのです。

今回も自分で打った台ではなく、一人で打ち切ったのか何人かが入れ代わり立ち代わり打ったのかはわかりません。

ただ不思議なもので、こんなにはまったんだからそろそろさすがに当たるはず!

なんて1回転目も1001回転目も当たる確率は同じはずなのに思っちゃうものですよね。

出来れば自分で打つ台では遭遇したくはないおおはまり。

次はいつどの機種で遭遇出来ることやら。楽しみであったり、恐怖であったり。

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする