【稼働日記】ウィザードバリスターズを初打ち!まさかあの機種の正統後継機種だったとは!!

8月6日導入ウィザードバリスターズを初打ち!

お目当ての新台はルパン三世世界解剖クレアの秘宝伝3だったのだが、抽選番号に恵まれず入店して新台へ、新台へと向かってみたら空いている新台はこれだけでした。

注目していなかった機種だったので機種内容とかも知らずに取り合えず着席!

「おお!この台はあの機種の正統後継機種だったのか!」

と気づいたのは少しあとのこと。

それでは初打ちウィザードバリスターズ稼働日記スタートです。

スポンサーリンク
336-280

【稼働日記】ウィザードバリスターズを初打ち!まさかあの機種の正統後継機種だったとは!!

前情報一切なしで座ったウィザードバリスターズ。

なんちゃらバリスターズっていう台が出ることは何となく知っていたが、版権のアニメも何も知りません。

なので、バリスターズっていうくらいだからコーヒーを作る人が題材なのかな?くらいに思っていたので

「ラテアートを完成させよ!」
期待度:●●

とか

「ジャコウネコを捕獲せよ!」
期待度:●●●

とか

こんな演出なのかな~と予想。
※もちろん期待度の所の黒丸はコーヒー豆で表現

つまらなかったら様子を見て即辞めも視野に入れておこうと考えながら稼働スタート!

0~ 新台実戦

まずはメダルを投入すると目に飛び込んできたのは

この不自然にも太ももを強調するような謎でいてかつ素晴らしいアングルの自転車に乗っている少女が映し出された。

このアングルは凄い。

不自然なアングルなはずなのに不自然に見えないのが凄い。

そして太ももが凄い。

私はこの時点で即辞めという言葉を忘れてしまったようだ。

さて、そんなことはどうでもいいのですが液晶の上部分に弁魔士と書いてあるように、バリスタ―とはbarrister=法廷弁護士の英語だったようです。コーヒー作る人じゃなかったんですね。

そして法廷弁護士とwizardry=魔法が合わさって、弁魔士という職業の世界を描いたアニメのようです。

なるほど!つまり…?

う~ん、やはり弁魔士と言われてもなんとなく中身を想像しにくいなあ。

ただし

とてもセクシーを強調したアニメなんだろうなということはちょっと打ったらすぐにわかった。

まったくもう、昨今のスロット演出は「1-イ 性行為、性的な行為(同性同士によるものも含む。)又はそれらを想像される内容」は規制されてるっていうのに!
※通称エログロ規制(ケンシロウの吐く血が白くなったのもこのため)

まあ、この程度の絵だったらセーフなのはわかってますけどね。

そんなことは気にせず打つのを進めましょう、進めま…っ!?

…。
(文字だからいいのかな?)

まあいいや、気にせず稼働続行しましょうか。

と、その前にこの機種の設定差のある部分から確認!

現在解析として出ている情報では

BIG確率の設定差と

設定 BIG合算 REG合成 ボーナス合成
1 1/504.12 1/489.07 1/248.24
2 1/492.75 1/245.45
3 1/461.52 1/237.45
4 1/434.01 1/229.95
5 1/402.06 1/220.66
6 1/356.17 1/206.09

※BIGは青BIGと赤BIGの合算

小役では強弱チェリーの設定差の

設定 弱チェリー 強チェリー
1 1/80.51 1/274.21
2 1/80.41 1/273.07
3 1/80.12 1/269.70
4 1/79.82 1/266.41
5 1/79.44 1/262.14
6 1/78.77 1/255.00

成立役の各設定差が存在します。

ですが、5.9号機の仕様上ART抽選のある赤7BIGには設定差なし。

必然的に青7BIGの成立確率のみの差となります。

よって赤7が沢山引けてBIG確率が良かったとしても設定判別要素としては全くの無意味となります。

しかし青7BIGの成立確率の解析値は今のところなし、ということで予想をしてみましょう。

ここからはあくまでも予想の範疇となってしまいますが、上記弱チェと強チェの確率は全て弱チェ(1/3640.8)+青BIGと強チェ+青BIG(1/3640.8)分の設定差のみかと思われます。

よって、弱チェリーと強チェリーの小役自体は数える意味はないでしょう。

そして設定1のBIG確率が1/504.12設定6のBIG確率が1/356.17なので、設定6は設定1に比べて青7の出現率が1/1213.63だけ優遇されていることがわかります。

つまり、

弱チェ+青BIG(1/3640.8)

強チェ+青BIG(1/3640.8)

単独やリプレイ+青BIG?(1/3640.8)

こんな数値で設定6は設定1よりも青7が出やすくなっているんだと思われます。

それを踏まえて、青7BIGの確率や設定差を予想するとこのような形になります。

☆上段数字は設定1の青7フラグ推定数値
※1フラグ=1/65536

◆推定青7確率表

設定 フラグ数1 フラグ数2 フラグ数3
1 1/65536 1/32768 1/21845.3
2 1/16384 1/13107.2 1/10922.7
3 1/5041.2 1/4681.1 1/4369.1
4 1/2978.9 1/2849.4 1/2730.7
5 1/1927.5 1/1872.5 1/1820.4
6 1/1191.6 1/1170.3 1/1149.8

設定 フラグ数4 フラグ数6 フラグ数8
1 1/16384 1/10922.7 1/8192
2 1/9362.3 1/7281.8 1/5957.8
3 1/4096 1/3640.9 1/3276.8
4 1/2621.4 1/2427.3 1/2259.9
5 1/1771.2 1/1680.4 1/1598.4
6 1/1129.9 1/1092.3 1/1057

まあ、設定1では青7の確率はかなり重いらしいとのことなのでざっとこんな数字くらいまででしょう。
※5と7は割愛

この機種に特定レア役からの青7BIGは2以上確定のような要素がないとした場合、少なくとも設定6では1/1149.8~1/1057くらいの確率で引けると考えておけばいいでしょう。

仮に設定1の青7確率が1/3276.8くらい軽かったとしたら、設定6では1/885.62となりますが、どちらにせよ設定6狙いなら大雑把に1/1000前後を目安でOKでしょう!!

残りの設定差は演出の振り分けによるものなので稼働を進めながらチェックしてきましょう!

やっと稼働に入ります。

打ち始めてすぐの48回転目に引いた弱チェから

ケース8のクリストファーチャームという演出に発展。

そしてその文字背景が羽絵柄となっているのですが、初めての演出で出されたものだから「多分これは特殊背景図柄で熱いんだろうな」くらいにしか思えなかったのが悲しい所。

しかしここは予想通りの演出成功でボーナス!

そして後からわかりましたが、やはり通常は白い背景に文字が出てましたので羽絵柄は特殊図柄ということですね!恐らく激熱と思って良し!

あと、ケースも1~8まで上がるほど期待度アップかな?

さて、最初のボーナスは

バケ!

でもバケからは35%ほどでARTのCZが当選するようなのでチャンスですね!

50 青REG(弱チェ)

REG消化中は

猫と豚と蛙がちょこちょこ出てきますが、蛙が出やすいほど高設定のサイン。

それぞれのキャラがそれぞれの設定で少しずつ出現率に差があるんですけど、まあ蛙に一番差がつけられているのでそこをみたらOKかな。※蛙振分25%(設定1)~30%(設定6)

さらにCZに当選していた場合残りベル回数が3回~1回の間で告知が行われるのですが、残りベル3回の時点で告知されたら設定6確定、残りベル2回で4以上確定、基本的には残りベル1回での告知となります。

ただこの残りベルっていうのは、その残りのベルを消化したゲームでの告知という意味なので注意。

つまり残りベル1回での告知の場合は、ベルを揃える→CZ告知が入る→REG終了という流れ。

まあなので、告知出たのにREG終わってない時点で4以上確定で、そのあとベル2回まで終わらなかったら6確定ってことですね。

今回は残念ながらCZ当選なしでボーナス終了。

ボーナス終了画面も上記のような蛙がいるバージョンが出やすいほど良し。

設定 通常 蛙あり
1 60.00% 40.00%
2 56.00% 44.00%
3 52.00% 48.00%
4 48.00% 52.00%
5 44.00% 56.00%
6 40.00% 60.00%

まあ少ないサンプルではどちらかが突出しているくらいじゃないととてもじゃないけど信用できる数字ではないかな。

このバケからCZ→ARTとスタートダッシュと決めたかったけれど当選しなかったものは仕方なし。

するとほどなくしてスイカを引いてから

セリフ赤文字が頻出。からの数ゲーム後に

玉出現。

この機種ではCZ当選のためにこの玉が超重要

玉の色は白~紫でいい色の方がCZ期待度が高い。

レア小役から結構な確率で出て来てくれるのが嬉しいところ。

だいたい赤セリフ演出が頻出してたら8割くらいは出て来てくれそうかな?

この玉を1Gで一個ずつ消費していって、玉消費Gでの成立役によってCZが当選するって流れです。白玉でもレア役引ければCZ当選の可能性は十分にあり。

まあ要は玉が出た時点でCZのCZ、つまりチャンスのチャンスってことですな。

期待した緑玉はダメだったけど、その次の蛙が黄色玉に変化してくれてベル引きで

ARTのCZであるディアボバトルに当選!!

CZからのART当選率はなんと…50%〜70%もあるぞ!!

48 CZ

対戦相手は飛空型・恐竜型・人型の3種類から決定!

自分が倒れる前に相手を倒せばART確定!

小役以上で攻撃確定!弱点のレア役出せばその時点で撃破確定のため激熱!!

飛空型の弱点はチェリーですね。

ちょこちょことパンチで敵のHPを減らしていくも

今回は残りHP3のところでアウツ。

やられてしまった。

ぐぬぬ。

その後はなにもないまま200回転まで消化。

ここで

激熱の紫玉が出現!

紫玉は成立役不問でCZ当選が確定!

つまり、ベルでもリプレイでもなにかしら引ければCZ当選!

を、ハズレ引いて余裕のスルー。

しかし意気消沈していたのも束の間、この玉の5個目の青玉で

青玉でレア役!

これが弱チェなら約60%でCZ当選、強チェなら約80%でCZ当選!

全リール停止させると残念ながら弱チェだったが、当たれ~と気合を込めていると

あら、ボーナス当たってたようです。

216 赤REG(弱チェ)

このバケでは最終ゲームにCZ当選告知有り。

さっきの青玉の弱チェで当選していたのか、バケで当選していたのかはわかりません。

1 CZ

今度の相手は恐竜型!

恐竜型の弱点レア役はスイカ!

そう

スイカですよ、スイカ!!

一応ここからハズレて強チャンス目あるけど…

見事スイカで一撃勝利!

やったぜ!

意気揚々とレバーオン!

あら?

スイカ重複ボーナスだったようです。

うますぎる!!

5 赤BIG(スイカ)※CZ中

今回の赤BIGはARTが当選している状態なので消化中は

白バー狙えが発生して止まった数だけ上乗せ!

3つ揃えば上乗せ+魔法廷RUSHもストック!

魔法廷RUSHはART中の上乗せ特化ゾーンだ!

今回は2つしか揃わず+20Gのみで終了。

そしてボーナス終了後からは

ARTウィザードCHANCEの開始!!

ちなみに、ART開始までの準備中が結構長いし

メダルもゴリゴリ減るけど怒らないでくれよな!!

今回は34Gかかって、メダルは56枚減った。

えっと、もしART中にREG引いたら、REGは48枚獲得だから…とかはとりあえず考えないようにしておこう。

一応準備中は魔法廷RUSHのチャンスとなる麻楠バトル当選へのポイント上乗せはしていると思いますよ。

別にART準備中でメダル減るのは構わないんですけど、もしも完走出来た時の有利区間上限の1500Gがどんどん減ってしまっているという方が個人的には悲しいんですよね~。

まあ、仕方ないんですけど。

ART中は左下のオーラがMAX(白→青→黄→緑→赤→MAX)になれば魔法廷RUSHのチャンスとなる麻楠バトルに突入!

このオーラは恐らくポイント制になっていて、このポイントはベル連で溜めます。

ART機でベル連なんてほとんどしないじゃないかって思うかもしれませんが、安心してください。

この機種にはちょっと前のAT機種では標準装備だったベルリプレイが搭載されています。

なので結構な頻度でベル連が発生する仕様となっています。

ただ、3連では恐らくポイント獲得は0(もしくはとても薄い確率?)。

逆に4連まですればポイント獲得確定、そこから先の5連からは毎ゲームポイント獲得となると思われます。連が増えるほどポイント複数獲得の優遇があるのかなどはわかりません。

3連では意味なし、4連したら麻楠バトルに一歩前進、そこから先は麻楠バトルにどんどん前進と考えて打てばいいでしょう!!

今回はオーラが緑からスタートしたのもありすぐにMAXとなり

麻楠バトルへ!

麻楠バトルは4G継続の魔法廷RUSH獲得のチャンスゾーン

地上戦<天空戦<魔法廷戦の順に勝利期待度アップ。

ここでもベルが重要になっていて、4G中に引けば引くほど成功期待度アップ。

ベル4連の場合は勝利確定!レア小役成立の場合も勝利確定!

今回は地上戦だったもののベル→ベル→リプ→ベルと3回もベルを引いたので期待して結果を見ていると

負け。

正直地上戦はかなりきついです。

勝てたらラッキーくらいの感覚です。

消化中のレア役に期待しましょう。

その後は残り14Gの時点で弱チェから赤BIG成立で、消化中の白バー狙えで上乗せ+30G。

なんとかギリギリ首の皮を繋ぐ。

85 赤BIG(弱チェ)※ART中

そしてART準備が52G続いて

メダルを68枚減らしてART開始!

まあでもほら、麻楠バトルのポイント獲得抽選はしてるからさ、許してあげて!

ART開始とともにすぐに麻楠バトルへ突入!

そして

見事勝利!!

これで

上乗せ特化ゾーンの魔法廷RUSH突入!!

ここで魔法廷RUSHの説明を確認してみると、チェリーが高確率で出現してその度にG数の上乗せが行われる…とのこと。

ふーん、チェリー高確みたいな感じになってるのかな?と、魔法廷RUSHを開始の1G目のレバーを気合を入れて叩く!!

って、これ

殺生石RUSHじゃねえか!!


※上記画像は喰霊-零-殺生石RUSHより

なんだよ、この機種喰霊-零-の後継機種なのかよ!!

あとでPV見てみたけど、冒頭でなんとなく触れているだけでしっかりとそれをユーザーに伝えていない!

もっとそれを前面に押し出してたら一部の人からは期待が高まったであろうに!

そしてこの事実に気付いてから見てみるとリール図柄なんかもかなり喰霊-零-と感じが似ていますね!

ARTの名前も喰霊CHANCEとウィザードCHANCEで同じだし、なるほどねえ、そういうことだったのか!

ならもう殺生石RUSHだったら楽しいに決まってるでしょう!

ということでとりあえず

+10!

続いてもチェリー中段停止成功で

+10からプッシュボタン出現で

ぽちー

+50!!

そして次のチェリー狙えで止まらず失敗で魔法廷RUSH終了。

すぐに終わる所なんかも殺生石RUSHにそっくりだな!

ちなみに逆押しでバー狙えのカットインが来ることも有るんだけど、これも喰霊-零-と一緒で揃えば上乗せ+魔法廷RUSH自体をストックしてくれます。
※揃わなくても上乗せは有り

ボーナスでの+30と殺生石…もとい魔法廷RUSHの+60でいっきに残りゲーム数は100まで回復!

さらにすぐに

スイカからプッシュでWIN!

93 赤BIG(スイカ)

さらに

準備中に弱チェから青バケとめちゃくちゃいい流れ!
※ちなみに恐らく準備中は演出発展=ボーナス確定

また、全てのボーナス共通で逆押しで右上段から左下がりボーナステンパイで成立した種類のボーナスが確定します。
※上記画像では青青赤の青REGが確定

小役狙いながらいけるので、レア小役獲得後はすぐに狙って行って少しでも有利区間を最大限使えるようにしましょう。

狙う順番は成立確率的には赤BIG→どちらかのREGを順番に→最後に青BIGですかね。

さてさて、ART中のバケは上乗せ特化ゾーンとなっているのでさらに上乗せするチャンス!

14 青REG(弱チェ)※ART中<魔力覚醒RUSH>

ここでも上乗せの肝はベル連にあり!

まずはベルを引くと

このように次回ベルを引いた時に上乗せするG数の抽選数字が表示されます。
※画像では10~60ですが、50~100のような熱いパターンもあり!

ここでベルを引くことでいずれかのG数の上乗せがされ、リプレイを引いてしまうとG数の抽選数字が消えてしまいます。

つまり、ベル→リプレイ→ベル→リプレイ→ベル→リプレイ→とバケ終了まで全て交互に引いてしまうと上乗せは一切ないということ。
※REGは払出のあるベルを6回引くと終了

自力感ありますね。

今回は

+30Gで終了。

平均+50Gらしいです。

ものすごい良展開に継続・出玉ともに期待をしたのですが、このあとは魔法廷RUSH(揃い1回で+20G)に一度入っただけで残りゲーム数は0になってしまった。

BIG×2、REG×1、継続244Gでこの枚数って結構きついなあ!

一応ART終了後は

3G間だったかな、引き戻しゾーンに入るのですが今回は引き戻せず通常へ。

ベルで10%、レア役で100%復帰とのことです。

(190) ART終了

とはいえ開始からすぐの良展開から650枚獲得に右肩上がりの展開をどうしても期待してしまう!

次のボーナス、次のARTに期待して意気揚々と続行!

も、なにも起こらないまま500Gを通過。

190GでARTが終わってるので300Gほどなにもなし。

511回転目でやっと入ったCZを

なんとか自力で勝利してART!

524 ART開始

なんだけど、なにもないまま初回G数の40Gを駆け抜け…かと思いきや残り0Gで

麻楠バトル突入!から勝利で魔法廷RUSH!!

首の皮繋いだ!

さらに魔法廷RUSHでは

逆押し白バー揃いから+30Gと魔法廷RUSHストック!

これはロングARTが始まるサインかと期待したが、結局最初の魔法廷RUSHが+50G、ストックして出てきた魔法廷RUSHが+10Gでそのまま駆け抜け。

一度引き戻しゾーンでベルから復活を果たすも

(703) ART終了

そのままボーナスを引けずにはまりは続行。

初打ちから1000はまり行っちゃうのかなと考えていた913Gでカットイン発生からの弱チェがバケ重複。

913 赤REG(弱チェ)

最終ゲームでCZ告知入るも、肝心のCZでは負け。

1 CZ→失敗(残HP2

さらに100GほどでCZに2度当選するも

101 CZ→失敗(残HP5

125 CZ→失敗(残HP1

悲しみの3連敗。

最後の残りHP1には泣いた。

もう出玉も消滅し貯玉再プレイの500枚もなくなりそうになっていたので、もう辞めようかなと考えていたところに再度156G目でCZがすぐに当たる。

これが最後のチャンスかなと気合を込めてバトル開始!

すると

おそらく6択?のナビ出現!

これ、多分正解すれば一撃だよね?

だけど失敗しちゃったからわかりませ~ん…。

チェリーじゃない!

こいつはチェリーが弱点じゃないんだよ!!

なんていう紆余曲折はあったけどなんとか勝った。

172 ART開始

このARTはなんとか伸びてくれ~と懇願して打ち始めると、開始から20Gで弱チャンス目→強チャンス目と連続で引いて

演出成功。

どっちのチャ目でボーナス当たったのかな?

と思ってレバーオンすると

直撃魔法廷RUSH!?

強チャ目で当選したのかな?

と思ってレバーオンすると

で、ボーナス確定。

魔法廷RUSH当選+ボーナス当選だったのかー!!

いいね!

ということでバケを揃えて、と。

…。

ああ…あ…

映し出された画面には

ルシュフェル召喚RUSH!

ART中の超高確中のREG当選が契機となる超上乗せゾーン!!

反撃の狼煙がここから始まる!?

ということで長くなってしまったのでルシュフェル召喚RUSHの上乗せ結果とここから先の稼働日記は次回へと続きます。

序盤の良展開から一転ボーナス間900はまりやCZ3連敗など苦戦が続き投資は再プレイ上限間際の450枚。

辞めるか辞めないかを迷っていると再度のCZからART当選を果たし、すぐに出てきたルシュフェル召喚RUSH!

どうなる初打ちウィザードバリスターズ!?

どうなるルシュフェル召喚RUSH!?

次回

「ウィザードバリスターズ!ルシフェル召喚、魔法廷RUSH最高裁、そしてエンディングへ」

お楽しみに!

◆ここまでの履歴

0~ 新台実戦

50 青REG(弱チェ)
48 CZ→失敗
216 赤REG(弱チェ)
1 CZ→成功
5 赤BIG(スイカ)※CZ中+20G
1 ART開始
85 赤BIG(弱チェ)※ART中+30G
☆魔法廷RUSH+60G
93 赤BIG(スイカ)※ART中
14 青REG(弱チェ)※ART中魔力覚醒RUSH+30G
☆魔法廷RUSH+20G
(190) ART終了
511 CZ→成功
524 ART開始
☆魔法廷RUSH+50G+魔法廷RUSHストック1
652 引き戻しゾーン復帰
(703) ART終了
913 赤REG(弱チェ)CZ当選
1 CZ→失敗(残HP2
101 CZ→失敗(残HP5
125 CZ→失敗(残HP1
156 CZ→成功
172 ART開始
197 青REG(恐らく強チャ目)※ART中ルシュフェル召喚RUSH~続く

※赤文字はART継続中の表示

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする