グラップラー刃牙天井狙い稼働日記

グラップラー刃牙の天井狙いの稼働日記です。

最近の機種はリセット時に恩恵があることが多く、宵越しでもリセットでもおいしいゲーム数というリスクの低く、期待値の高い台が結構拾えたりします。

グラップラー刃牙もその中の一機種です。

通常、グラップラー刃牙の天井は1300G(CZ中ゲーム除く)となっていますが、リセット時は最大天井が800Gに短縮されます。

そのため、前日300~500はまりの台であれば、リセットされてようが、宵越しだろうが、当日400~600位のはまり台は迷わず打てる台となります。
※宵越しであれば900~1000はまりくらい目安に、リセットであれば500~600はまりくらい目安に?もちろん深ければ深いほどよいです

しかも天井であれば強ARTである青七揃いの割合が40%もあるんです!

早速一台目はこちら

前日最終は570回転ほどの台です。

データカウンターの0回転で当たっている連荘している赤い粒以外の赤い粒のカウントは、純ボーナスでありチャンスゾーンのチャンスゾーンである「力みゾーン」の当選です。

天井はART間天井なので、チャンスゾーンのチャンスゾーンである「力みゾーン」が当選しても天井は無効とならないので安心です。

ちなみにこのチャンスゾーンのチャンスゾーンである「力みゾーン」は前述の通り純ボーナスとなっており、一応約36枚ほど獲得できますので、コイン持ちは良くなるしチャンスゾーンのチャンスゾーンでもあるので引けば引くほどお得ですね。

なので上の画像は現在のデータカウンターは116回転ですが、チャンスゾーンのチャンスゾーンである「力みゾーン」が一回当選してカウンターがリセットされているだけなので、実際は452回転です。

そして刃牙はCZ中の回転数は天井までのゲーム数に含まれないためデータカウンターの実際の回転数と天井までのゲーム数は誤差が生じます。基本的には回っている回転数よりも少し少な目の回転数になってしまうと考えておきましょう。

当日の実際のはまり回転数は液晶左に表示されているので一目瞭然です。

回転数は452ですが、天井を考慮した有効な実際の回転数は413と表示されていますね。

宵越しであれば、前日570なので少なく見積もって500くらいとしても

500+413=913 1300-913=残り387回転

リセットであれば、リセット恩恵で最大天井が800なので

800-413=残り387回転

まあ、一緒ですね。ということでGOです!

打ち始めてすぐ10Gほどで

チャンスゾーンのチャンスゾーンである「力みゾーン」に当選。

投資はわずか数枚。

ここでチャンスゾーンに当選させて、そのチャンスゾーンでARTを当選させることができれば一番ですね。

20%。失敗です。

チャンスゾーンのチャンスゾーンである「力みゾーン」でチャンスゾーンを掴むチャンスを逃してしまいました。

34枚ほどメダルがもらえたので良しとしましょう。

そしてお次は

またもやすぐにチャンスゾーンのチャンスゾーンである「力みゾーン」に当選。

チャンクゾーン当選のチャンスがまたもや到来です。

40%。失敗です。

またもやチャンスゾーンのチャンスゾーンである「力みゾーン」でチャンスゾーンを掴むチャンスを逃してしまいました。

そんなこんなで、途中当日744回転はまりでなにも引いてないのに液晶がざわつきだしたので宵越し天井か?と思いましたがなにごともなく

結局800回転から前兆に入りART当選しましたのでほぼリセット天井が確定です。

コイン持ちはいい方の機種なのもありますが、力みのやつのおかげもあってか387回転をわずか250枚の投資で済みました。

投資が少なく済むのは天井狙いにとってとっても嬉しいですよね。

さて、あとは天井の当選なので強ARTだという青七当選に期待です。

・・・

・・・・・・

青七来たー!

わざわざ強ARTの強とつく所以、特と味あわせて頂きますよ!

5回勝って親子喧嘩させてもらいますよ。

初戦の相手は

愚地 克巳(おろち かつみ)。勝利期待度は拳三つだ。

そして

このARTが

単発で終了です。

1人に勝つこともなく。
※右下の背中側に移っている人なんだと思ったら鬼浜のハヤトですね

ブログ当初から言ってますけど、本当に絶不調です。

期待値を積み上げて負債も積み上がっているという確率を超越した神をも恐れぬ行為です。

そろそろブログ名を「もっくんの単発日記」に変えようかとも思案中です。。。涙

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336-280