ツインエンジェルBREAK回顧。全4台の合計機械割がまさかの・・・

先日のツインエンジェルBREAKで456確定演出の金トロフィーが出た日の回顧録となります。

マイホの傾向的に全6もあり得るのではないかと、前任者が辞めるタイミングで台を確保し稼働をしたわけですが・・・

結果、456確定演出を確認することが出来、高設定は確定した状態で稼働することが出来ました。

▼稼働日記はこちら
【初打ち!ツインエンジェルBREAK!出たぞ456確定!稼働日記】

スポンサーリンク
336-280

ツインエンジェルBREAK全4台の稼働データ

そして後日、当日の全4台の稼働データを確認してきたものがこちら。

【1】総回転数7797 ボーナス回数66 エンジェルタイム84 差枚数+約5000枚
【2】総回転数8106 ボーナス回数54 エンジェルタイム95 差枚数+約4000枚
【3】総回転数6057 ボーナス回数41 エンジェルタイム60 差枚数+約2000枚
【4】総回転数7553 ボーナス回数60 エンジェルタイム108 差枚数+約6000枚

【4台合計】
総回転数29513 ボーナス回数221 ボーナス確率1/133.5429

IN枚数88539 OUT枚数約105539だから、機会割は・・・

( д) ゚ ゚

約119.2%

ボーナス確率が1/133.5429で機械割が119.2%!


「全6どころじゃない!全8くらいはあるじゃないかっ!」
※そんな設定はない

実際のところデータ的には全6でもおかしくない数値ですね。

そして一つ分かったことがあります。

皆様ご存じかと思いますが、スロットは120%の機械割を超えてはいけない規定が存在します。

すでに機械割は119%を超えている!このままでは120%を超えてしまう!

だから僕の台はその帳尻合わせで出玉がついてこなかったんだなあ。

ビッグが全然引けなかったんだなあ。

納得ですね。

ふむふむ。

なるほどねえ。

ふむ・・・


「って、ごらぁっ!!!」

なんで俺だけが皆のために収束係をしなければいけないんだよ!

納得なんてできるかあ!!

・・・

すみません。取り乱しました。

ちなみに120%の規定っていうのは、この台は世間に出してOKですよっていう検定に出した時に超えてはいけないものなので、通常のホールの台で1日単位では超えちゃうことはもちろんありますので悪しからず。

さて、ツインエンジェルBREAKですがロングARTとボーナスが絡んだ時には2000枚クラスの出玉があり、高設定であればかなり楽しく打てる台ではないでしょうか。

ただ、個人的にツインエンジェルシリーズをこよなく愛してきているというわけではないので、シリーズとしての伝統や演出という観点ではよくわからないことと、レア役を引く→中押しボーナス判別というほぼルーチンワークとも言えてしまう行為が嫌いではないからかもしれません。

ただ、高設定であればということが結構大事で、低設定だとただただきつくて打ち続けるのはよほどの精神力金銭力ツインエンジェルへの愛のいずれかがないと難しいのではないでしょうか。

まあ、低設定だとつまらないだろうっていうのは最近の台全てにおいて言えるかもしれませんが。

今は昔ほど言われませんが、個人的には、いわゆる萌え台だから打たないとかそういう偏見は最初から全くないですね。

むしろ萌え台なんて打てない!って人の方こそ、スロットではなく絵を見て楽しんでいるのか?とさえ思っています。

スロットとして完成されていれば、面白ければ、萌えだろうが、硬派だろうが、なんだっていいじゃないですか。

まどか☆マギカだって一般的な認識としては萌え台としてスタートしたけど、その中身の秀逸さからスロッター全般に人気を博しているではないですか。

萌え台を打つのが恥ずかしい、なんてことないし

恵比寿マスカッツだって僕は堂々と打ちますよ!

ただ、ラブ嬢で女性を選ぶのはいいけど、恵比寿マスカッツで女性を選ぶのはなんだか恥ずかしいのは僕だけでしょうか?

~終わり~

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする