非等価と消費税による換金ギャップについて

まだまだ全国的にみれば等価交換の地域もありますが、東京では1年半ほど前から等価交換は禁止となりました。

 

それによってマイホはどのように変わったのか?

あくまでもマイホの状況のみとなりますが、コイン貸しの消費税導入についても併せて書こうと思います。

 

スポンサーリンク

非等価と消費税による換金ギャップについて

まず、マイホは等価から非等価に変わった時に50枚交換から56枚交換へと変更となりました。

 

一昔前は非等価が当たり前でしたが、僕が始めた頃はどこもかしこも等価だったので、やはり僕自身かなり抵抗がありましたね。

 

さらに、1年程前からコイン貸しに対する消費税の増税処置の導入も行い、いわゆる21.27円スロット(1000円=47枚)へと変更がありました。

また、その変更と同時に56枚交換から53枚交換へと変更も行われました。

※さすがに47枚貸し56枚交換にはなりませんでした

 

この記事を書きながら企業の消費税の支払いについて少し調べましたが、企業の支払いは単純に1080円の商品を売ったら80円の消費税を国に治めるという単純なものではないんですね。

売ったものの消費税に対して、仕入れた時にかかった消費税の差額を国に納めるだとかなんだとか。

なので詳しくはわからないですが、おそらく税込み20円では店が払う消費税がかさんでしまいきついのは確かなのでしょう。

そこを経理上うまくさばけるのであればわざわざ客の嫌がる21.27円などにはしないはずなので。

 

ですが非等価導入後、ふたを開けてみるとどうでしょう。

 

設定が明らかに等価の頃よりも入っているのが目に見えてわかりました。

 

まあ、これは当然の話で、貸出枚数を少なく、換金ギャップがついたのに今までと同じ設定で運営していたらお客さんの財布がパンクしてしまうため設定を上げざるを得ないからということがあると思います。

 

ですがただ単純に平均設定をあげたかというとそうではないんですよね。

 

さてここで、お店側から見て、47枚貸しの53枚交換が50枚貸出の等価交換の時よりも優れている点はなんでしょうか?

 

僕はこう思います。

 

回収をしようとした場合に、その回収出来る額が等価の頃よりも格段に大きい

 

と。

 

また、当然ですが

 

沢山出した場合も、等価の頃と同じだけ出したとしても店の損失が少なく済む

 

つまり、お店が利益の確保やコントロールがしやすくなったのではないかと思うんです。

 

回収したい時(通常日またはガセイベント日)に回収する、出したい時(イベント日)に出すという、スロット屋の本来の形がしやすくなったのかな、と。

 

なので、非等価に変わったことで、上手に立ち回る人からすれば総合的な期待値としては変わらないぐらいか、もしくはプラスになっているかなあというのが僕の思っている所です。

 

設定状況を底上げしてくれている前提で考えれば、やはり貯玉を利用している時点で他の一般の方よりそれだけで有利ですからね。

 

そういえばこの間もこんな方がいました。

ご高齢の女性がジャグラーを打っていた時の話です。

 

その女性は適度なジャグ連をかまして、1箱サラ盛りと下皿に少々の出玉を持って遊戯していたんです。

 

しかし調子のよかったジャグ連も身を潜めてしまい、はまりだしたため下皿のメダルがなくなってしまったんです。

 

その瞬間、隣で打っていた僕は愕然としました・・・

 

 

なんと、その女性は1箱のサラ盛りがまだあるというのに現金を投資し出したのです!!

 

1枚・・・

 

2枚・・・

 

3枚と吸い込まれていく野口英世・・・

 

 

なぜっ!

持ちメダルがあるのに・・・っ!

 

気づいていないのかっ!

野口英世を一枚入れるごとに3枚ずつ損していることに・・・っ!!

 

もっと厳密に言えば最大で6枚ずつ損しているのかな。

 

いや、想像はできなくはないんですよ。

おそらく使った金額の出玉分だけは確保したいからとか、区切りをつけて辞められるようにあと千円3枚までと決めてるとか、オカルト的なもので持ちメダルだとペカらないからとか、その女性にはなにかしらの理由があるんだとは思います。

 

でも、単純に勿体ないじゃないですか?

 

まあ、実際の所こういう方達が多くいることによってお店も儲かるのだし、その分を設定で還元して貰えるようになるのですから悪い話ではないんですけどね。

 

ただ貯玉について一言だけ言わせて貰いたいのです。

 

別に一日の利用上限が500枚までというのはいいんです。

それがないと現金投資との有利不利の制限が難しくなると思うので。

 

ただ僕のように貯玉だけでなんとかやりくりしているものからするととても打ちにくい!

500枚を使い切ってしまったらわざわざ貯玉を景品交換してTUCショップに行って戻ってくる…ましてやそれが何回も繰り返しになってしまう場合もあるのです。

 

さきほども言いましたが500枚の上限は有っていいので、どうにかして500枚を超えた時点から、僕のホールで言えば一回貸出で貯玉が53枚減ってコインを47枚出してもらえるようにはできないものでしょうか?

 

お店に損はないはずだし、これ絶対にいいと思うんですけどね。

無理なんですかね。

コメント