店がド回収を仕掛けた時に思うこと

自分の通っているホールがイベントとは名ばかりの回収設定だった時に、皆様はどのように思うでしょうか?

大抵の方は「なにがイベントだ!ふざけるな!」とヘイトを感じる方が多いのではないかと思います。

ですが、見方を変えて見てみると全く違った印象の受け取り方もできます。

スポンサーリンク
336-280

ガセイベント(ド回収設定)は必要悪!?

出勤するサラリーマンやなにも知らない散歩中のご高齢の方は驚きの目で行列を見る。

今日はマイホのイベント日。

抽選人数はスロット設置台数以上の並び。

朝一の開店からスロット台は一部のノーマル機を除き満席に近い状態だ。

今日のイベントは皆、期待を胸に、サンドに入れるお札の勢いも増し、レバーを叩く手も力が入る。

もちろん誰もが「設置されている台全てが高設定だ」なんて思ってはいない。

それでも自分の座った台は高設定でありますようにと、イベント日だからこそ期待も高まるんだ。

中には最初の千円でボーナスがかかる人も、ARTに入る人も、けたたましい音をたてて超レアフラグのフリーズを引いている人だっている。

お祭り騒ぎを誰もが予感していた。

しかし・・・

時刻は夕方。

朝は満席近かったホール内は、空き台の方が多いとすら言える状況だ。

軒並みスランプグラフは右肩下がりの台ばかり。

中にはメダルを積み上げている台はあるにはあるが、どれも設定差のないフリーズなどで出ているようなものだ。

私は思った。

「素晴らしい回収だ。よくやったなあ!」

もちろん、私はお店側の人間ではないし、なにを隠そう私自身も結構な額を負けてしまったのだ。

それでもなお思う。

「うまく回収したな。素晴らしい」

と。

回収の先にあるもの

なぜ、ガセイベントを開催したお店のことを褒め称えるようなことを思うのか。

それは

回収ができるからこそ、還元ができる

からです。

逆に言えば、毎日回収ができていない日が続いていたら、それ以降に高設定が入る期待はできない。ということになりますよね。

毎回毎回ガセイベントでつぶれるまで回収しかしないなんてお店の話はしていません。

あくまでもちゃんと設定を入れてくれる時は入れてくれるお店の話です。

それに、もし毎回がガセイベントのお店だったら朝一の抽選にそこまでの人の行列はできません。最近の打ち手はシビアですからね。

つまり、回収設定は店の信頼を落とすものではなく、むしろ店の期待度をあげるもの、と見ることができます。

イベント日だから必ず出るわけではない

上記はとても極端な例となっていますが、回収ができない店は還元もできないというのは間違いありません。

なので、イベントに限らず通常営業でも、ホールデータなど見て回収できているのを見るとホッとするなんてことも。

もちろん普段から高設定が紛れてて、探して打てばある!という状況が一番いいんですけど、その台だけ動いて他は動かない、なんて状況になることが容易に想像できますよね。

なかなか難しいと思います、最近の台って。

まあつまり、なにが言いたいかというと、回収=悪と一括りにはできないということです。

回収の先にあるものを考えて見た時、それは立ち回りにも生かせることもあるかもしれません。

回収か否か、それはお店との駆け引き。

回収設定だと思ったら打たなければいいだけのこと。

イベントだろうが、通常日だろうが低設定を打ったなら(打たされたのなら)お店の勝ち。

あくまでも打つ打たないの選択権は自分にあるわけですからね。

年一イベントとか、絶対的なイベントに回収設定はお店として絶対やっちゃいけないですけどね。

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする