【解析考察】盗忍!剛衛門のART後天井回数振り分け。設定6はもろばれじゃないのか、これ

盗忍!剛衛門のART後の盗目の天井回数振り分けの解析が出ましたね。

これはなんとまあ、随分と思い切った設定で作ったものですね。

スポンサーリンク
336-280

【解析考察】盗忍!剛衛門のART後天井回数振り分け。設定6はもろばれじゃないのか、これ

打ちたい打ちたいとは思っているのですが実はまだ初打ち出来ていない盗忍!剛衛門。

そんな中ART後の盗目の天井回数振り分けの解析が出たわけですが内容はこちら

設定 7回 33回 66回 99回
1 1.6% 1.6% 3.1% 93.8%
2 0.8% 14.1% 5.1% 80.1%
3 1.6% 3.1% 3.9% 91.4%
4 0.8% 25.0% 10.2% 64.1%
5 9.8% 3.9% 8.2% 78.1%
6 9.4% 82.0% 4.3% 4.3%

※ART後の振り分け・リセット時の1回目の天井は別テーブル

なんともまあ思い切った数値。

設定6狙いであれば朝一の当たり以外で33回を早々に超えたら捨てていいレベルですね、これ。

設定6であれば実に91.4%が33回以内で当たるということ。

さらに通常の当たりを含めた意味で33回以内ならばもっと高いということですね。

しつこいようですがこれは本当に思い切った数値。

こんなに思い切った数値はシスタークエスト4の高確時のART当選以来です。

設定 弱チェリー 強チェリー スイカ チャンス目
1 3.9% 58.6% 0.8% 14.8%
2 4.7% 58.6% 1.2% 15.6%
3 5.5% 58.6% 1.6% 16.4%
4 7.8% 60.2% 3.9% 18.8%
5 9.4% 66.4% 4.7% 20.3%
6 30.1%  99.6%  14.1% 39.1%

※シスタークエスト4の高確中ART直撃抽選確率

こっちに関しては恐らく液晶と高確は完全リンクしてないと思うので紛れがあるとは思うのですが、盗忍!剛衛門の場合は内部とか関係のない数値ですからね。

コイン持ちも45G/50枚ととてもいい台だし、6が期待出来るイベント日には33を抜けるまで打つっていうのは有りかもしれないですね。

リセット時は基本的に最大66回天井だし(※設定4以上のみ99回天井の振分が約5%ほどある)、約115%っていうハイスペックも魅力的だし。

この解析が出たことでまたイベント日の朝一着席率があがりましたね。

番長3もそうなんだけど、最近の大都は解析情報の出し方がうまい

番長3はリリース直後はリセット後は80%ループ優遇される!という情報が先に出されていて、さらにリセット時はベルの最大天井回数が128になるもんだから、リセットされてそうな台や、リセットされてるとわかった場合には爆連を夢見てベル128回まで打つ人が多かったと思う。

しかしその後の解析情報でリセット時は10%の確率で初回対決が勝利確定となり、さらにそれに当選していた場合はループ率が五分五分の割合で25%:80%が選ばれる、ということがわかった。

だが、この情報が出たなら出たでやはりリセットはおいしいのでリセット台の初回対決までは狙えると、また稼働がついた。

この解析の出し方は本当にうまいと思った。

こういう稼働をつかせるためのうまい解析の出し方はちょっと前まではユニバがうまかったのだが最近は断然大都ですね。

ミリオンゴッド系の情報の出し方はうまいなって思ってたものです。

最初は謎に包ませておいて、蓋を開けてみたら内部でループ当選がついているのだとわかったり(謎連の正体はこれだったのか!)、凱旋のリセット後の天井振り分け(510の存在やリセット後は1000(456のみ薄い確率で1480あるけど)とか)なんかもいい時期に出したもんだと感心した。
※ただし、ハーデスの天井時はループ率50%以上というのだけはいまだに信じられないぞ(怒)

こういう最初はわかっていない情報をいち早く察知出来るとかなり他のお客さんより優位に立てるのは間違いないですね。

なかなかその察知するというのは難しいことだとは思いますが。

なんにせよ、盗忍!剛衛門の設定6狙いのしやすさは間違いなさそう!

さらに7回天井が出たらかなりのプラス材料と思ってよさそうですね!

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする