ルパン三世世界解剖・中押しで簡単消化、簡単フラグ判別!打ち方・通常時

ルパン三世世界解剖の通常時は中押しがオススメ!

中押しのメリット

・目押し頻度が下がるので消化が楽ちん

・LC成立or非成立の察知に優れている

・LC成立時のメダルロスがなくなる
※LC=ルパンザチャンス

通常時は順押しがいいと言う方でも、リプレイ後のフラグ判別のみ中押しをするというのも必ず機械割アップに貢献することでしょう!

スポンサーリンク
336-280

ルパン三世世界解剖・中押しで簡単消化、簡単フラグ判別!打ち方・通常時

中押し手順には

・LC成立の可能性がない時
└前ゲームがリプレイ以外

・LC成立の可能性がある時
└前ゲームがリプレイ
(LC成立確認兼フラグ判別)

の二つのパターンがあります。
※一部補足・追記を行いました

基本的には停止型による成立役は一緒なのですが、前者は完全に適当押しの中押しでOKなのに対し、後者はバーを目安に中押しをするという違いとなっています。

まずは一番多く打つことになるであろうLC成立の可能性がない時(前ゲームがリプレイ以外)の中押し手順から説明します。

 

LC成立の可能性がない時(前ゲームがリプレイ以外)の中押し手順

手順その1

通常時の中押し手順では特に狙うべき箇所はないので、まずは適当に中押しをして下さい。

中リールの停止型により各成立役が察知可能です。

中リール停止型その1

中段ベル停止

成立役…チェリー・ベル・1枚役(非CB中)

払出し確定となる嬉しい停止型。

チェリー成立時はほぼ不二子演出を伴うが、この停止型の際は念のため左リールには赤7を目安にチェリーを狙って打った方が無難。
※ストーリー中や不二子演出が選ばれないチェリーがあった場合に多きな損となるため

チェリー以外は適当押しで揃う役となっております。

中リール停止型その2

中段赤7停止

成立役…チェリー・不二子ボーナス

15枚払出し確定or不二子ボーナス確定となる停止型。

不二子ボーナス自体は重いので、基本的にはほぼチェリー確定と思っていいでしょう。

どちらにしても左リールには赤7を目安にチェリーを狙って打って下さい。

中押しをした際に赤7が上中段辺りにあった場合は、上記の中段ベルの形ではなく中段赤7の出目を取る模様です。※詳しくは調査中

中リール停止型その3

中段ブランクorバースト上ルパン図柄停止

成立役…1枚役(CB中)

CB目成立後の1枚掛け時に止まる停止型。

この停止型の際は、右リールに3連バースト図柄を狙って下さい。

それ以外の位置だと1枚役を取りこぼす可能性がありますので注意。

中リール停止型その4

中段リプレイ停止

成立役…ハズレ・リプレイ・リプレイ重複LC・(不二子ボーナス?)

ハズレorリプレイとなる停止型。

残りは適当押しでOK。

演出が発生していた時はリプレイではないことを祈って止めるのみ。

ちなみに、第二停止で左リールを押した場合は左中で必ず中段リプレイテンパイとなり、第三停止までハズレかリプレイかわからないためリプレイの成立の有無を最後まで引っ張れる。

逆に第二停止で右リールを押すと、中右

・リプレイ非テンパイ…ハズレ

・リプレイ中段テンパイ…リプレイ確定

となるので、すぐに結果を知りたい人はこちらがオススメだ。

(不二子ボーナス?)について

引いたことがないのでわからないですが、赤7を引き込まない範囲の場合は不二子ボーナスはハズレ目のここで停止するのではないか…というこれに関しては予想となってしまいます。

基本的には上記3パターンのみとなります。

・中段にベルが止まった場合は念のため左にチェリー狙い
(又は中段赤7停止時は必ず左にチェリー狙い)
・中段にブランク(バースト上ルパン図柄)が止まった場合は右に3連バースト狙い

払出しに関わる所はここだけなのでかなり簡単です。

それでは次に、リプレイを引いてしまってLCが当選してしまったかもしれない時の中押し手順へと進みます。

 

LC成立の可能性がある時(前ゲームがリプレイ/LC成立確認兼フラグ判別)の中押し手順

手順その1

前ゲームでリプレイを引いてLCが成立してしまったかもしれない!ピンチ!と言う時は、バーを上中段辺り目安に中押しをして下さい。

中リールの停止型によりLCの成立フラグの判別が可能です。

中リール停止型その1

中段青バー停止

成立役…青異色LC・青同色LC

残念ながら青頭のLCの成立が確定です。

左リールは青バーを下段に引き込む範囲で目押し

右リールは黄バーを上段で目押しすることで異色と同色をどちらもフォローできます。

リミットカウンター間近で来た時は泣きましょう。

中リール停止型その2

中段黄バー停止

成立役…黄異色LC・黄同色LC

残念ながら黄頭のLCの成立が確定です。

左リールは黄バーを下段に引き込む範囲で目押し

右リールは黄バーを上段で目押しすることで異色と同色をどちらもフォローできます。

リミットカウンター間近で来た時は泣きましょう。

フラグ判別は以上の二パターンのみとなります。

他の停止型に関しては適当押しの通常時中押しの停止型と同じです。

なので、リプレイの次ゲームでは

・いずれかのバーが中段に止まったらアウト

・リプレイが中段に止まってハズレならLCなしなのでセーフ

・リプレイ中段に止まってリプレイなら…リプレイ2連はかなりピンチ、次ゲームでバー中段にこないことに僅かな希望を抱く

・中段ベルならイーブンで再度やり直し(LC確定後はベル確率が上がってる?から若干ピンチ?)

この4パターンですかね。

ご覧のようにLCが成立しているか非成立なのかがわかることと、もし成立していた場合は1Gの無駄なくLCを揃えられるのでメダルロスを減らすことができます。

リプレイ成立から数ゲーム演出で引っ張られることが多いので、このメダルロスを減らせるのが中押しの一番のメリットと言えますね。

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする