【稼働日記?】CR究極神判!1/2!とにかく1/2!唇と唇目と目と手と手と足と足

あ、ありのまま今起こった事を話すぜ!

『俺は6000円で208回転まわしたと思ったらいつの間にか104回転だけまわしていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが

おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

スポンサーリンク
336-280

【稼働日記?】CR究極神判!1/2!とにかく1/2!唇と唇目と目と手と手と足と足

CR究極神判。

それは1/2をとことん追求したギャンブル性の高いパチンコ台。

初当たりこそ1/309.1となっているが

確変突入率…1/2!

確変中大当たり確率…1/2!

初当たりの1/2で確変に突入。

確変は時短1+保留1の2回転。

その2回転で1/2の当たりを引けば約2000発が確約される。

さらに確変中の当たりは次回も100%確変となるため、2回転以内に当て続ければ永遠と2000発当たりが繰り返されるのだ。
※2回転…50%×50%=75%継続!

2回転以内に2000発の当たりが75%ループする…

実際にはリーチ演出や大当たりラウンドの消化で少々時間を要するものの、どれだけのスピード感があるかは想像に容易い。

しかし、当たるも当たらぬも自分自身だと言わんばかりの1/2(50%)という数字。

これを悪い方に引き続けてしまった場合の地獄の光景もやはり同様に想像に容易いのだ。

ゆえに

グラフはこのような子供の落書きのようになることもしばしばだ。

高いギャンブル性…

この魅力に勝てる人間がこの世にどれほどいるだろうか?

いや、いない!

ゆえに私はこの台に…

CR究極神判というこの台に着席をさせられてしまったのだ。

待ちゆくは天国か地獄か、天使か悪魔か、唇と唇目と目と手と手か…

33~ 初打ち実戦

ドキドキの実戦開始。

バチコン、バチコンと打ち出される玉がヘソに入ると…

何が熱いのかはわからないが、様々な音楽が流れ、大きなみっつのセグがグルグルと回りだす。

このセグの出目も重要なのだろうか?

しばらく打っていても一向に何が熱いのかはわからないのだが、なんだかグルグルグルグルと巨大なみっつのセグがせわしなく変動する。

私は知っているのだ。

パチンコとはよく回る台を打てば勝てるということを。

そして今私が座っているこの台はよく回る。

まるで1玉ヘソに入ると2回転くらいしているように感じるほどよく回る。

1000円で34回ほどセグが変動しただろうか。

その間も音が流れては消え、セグが動いては数字が揃わずを繰り返した。

しかし初当たり確率は1/309.1。

早々簡単に当たるものではないのだ。

バチコン、バチコンと6000円ほど投資が進み208回転ほど回った頃だろうか?

私はふと盤面上のデータランプに目を落とした。

137-33=104回転。

おかしいではないか。

あんなにも巨大なみっつのセグがグルグルと変動していたというのに。

確かにセグは208回ほど変動したのだ。

これでは、辻褄があわないではないか。

事実を捻じ曲げ奇跡を起こすことの出来る天使の仕業か?

夢幻(ゆめまぼろし)を見せ希望を打ち砕く悪魔の仕業か?

なぜだ!

なぜだ!!

なぜなんだ!!!

私は三日三晩頭を抱えて考えに考えを重ね、遂に答えに辿り着いた。

この機種、一回ヘソに入ると必ずセグが二回(以上?)動くんですよね。

つまり毎回転必ず疑似連するってことです。

もう保留が4つとか溜まってると、どこからどこまでが本当の1回転なのかわけわかんなくなるんですよ。

だって全部が全部疑似連するんですからね。

保留4つ目の疑似2回転目なのか、保留3つ目の疑似1回転目なのか、もう保留玉ランプをめっちゃ見てないとどこからどこまでなにがなにやら。

33~ 初打ち実戦

137 辞め

投資1500玉 回収0玉

結局全然まわってないんですけどね、なんだか沢山回る気になりたいならオススメの機種です!

だって1回ヘソにいれたら2回も回った気になれるからね!

ははははは。

ははは…

……

……

……

あ、ありのまま今起こった事を話すぜ!

『俺は6000円で208回転まわしたと思ったらいつの間にか104回転だけまわしていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが

おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする