水戸黄門リセット狙い稼働日記

やはり新台というものは打ちたくなるのがスロッターのさが。

打つ理由を無理やりでも見つけて打ちたくなるものです。

ということで水戸黄門のリセット狙いで初打ちをしました。

水戸黄門は周期天井がART当選のメインとなっておりますが、リセット時は2周期目までに40%の確率でART当選となります。

ただこれ、解析が出た後見るとART後とかとさほど変わらない数値なんですよね。

期待値的には微妙かと思います。

下げ狙いでリセット稼働です。

なんと水戸黄門だけに、310番台に設置(一台のみ・バラエティ島)するというこだわりぶりですよ!!店長に脱帽!!

すこすこと打ち始めましたが、しかし、これ、結構里が進まないですね。

少し古いですが、最近で言えば弥次喜多とかみたいに小役やリプ連で里を短縮とかがないので1回転1里を進めていくのが結構しんどいです。

北斗転生がイメージとして近いですね。

なので、かごチャンス(転生で言う天破の刻)に入らないとまあ進まない、進まない。

1周期回すのにいくら使わせるんだと感じるのが大体の人の本音ではないでしょうか…。

で、余裕の2周期抜けです。

リセットの40%狙いをしていたので本来はここで辞めなければいけなかったのですが、2周期目のガセ前兆が終わり3周期目が始まったところですぐにかごチャンスに当選してしまいました。

さすがにかごチャンス中に捨てるわけにもいかないので初のかごチャンスを消化です。

すると

なんと475里もの大量「里」の獲得に成功!

ちなみに本機のかごチャンスは【一度のかごチャンスで3周期分の里を獲得した場合】は、ART当選が確定します。

なので、上記で晴れてART当選が確定となりました。

どのような形になるのかと見守ると、

1周期分の里を使って→ハズレ

もう1周期分の里を使って→ハズレ

もう1周期分の里を使って→

ART当選です。残った101里はART消化後に使用できます。

さて、この初ARTは

大した見せ場もなく

5連で終了。

前回の残りの101里を使うとすぐに1周期目は消化できますね。

ということで1周期目を消化→ハズレ

2周期目までに40%くらい振り分けがあるので、

せっかくなので2周期目まで消化→

見事当選。

そしてこの二回目のARTが…!!

単発終了です。

かごチャンスの里の持ち越しもないのでそっと席を立ちました。

この機種で出玉を伸ばすためには、まずARTに当選させてそのART中にボーナス(1/1057.0※設定1の数値)を引かないとなかなか厳しいようですね。

ART中のボーナスはARTストックの大量獲得チャンスです。

ちなみに通常時に引いても基本100枚位とかごチャンス入るだけですので本当にしょうもない。

いわゆるリアルボーナスなので引くタイミングが本当に大事です。

今回はボーナス引けなかったので次回打った時はART中に引けるようお願い致しまする。

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336-280