新台そらのおとしものフォルテ稼働日記!青カウンター狙いは注意が必要っ!!!!

稼働日記

さて、DAXELからの新台そらのおとしものフォルテの初打ちが出来たので書きます。

この機種はダブルカウンターシステム、ゲーム数天井、天国モードなどハイエナ稼働には狙い目ポイントが多そうですね。

 

それでは初打ち稼働日記どうぞ。

 

スポンサーリンク

そらのおとしものフォルテを初打ち!

それにしてもダクセルのテレビ台のタイアップは何一つ知らないコンテンツですな。

ということで、そらのおとしものフォルテのこんな空き台を発見。

 


現在のはまりゲーム数は656。

 

はまりゲーム数だけでは少し弱いが・・・。

たしかこの台は青カウンターが100溜まればCZ確定じゃなかったっけな?

と思ってスマホでポチポチ調べてみると

 

赤カウンターはポイントが貯まりやすいがCZ抽選は弱い

青カウンターはポイントが貯まりにくいがCZが確定する

 

やっぱりそうだ。

残り10PTでCZ確定&はまりゲーム数も保険になってるなんて素敵な空き台じゃあないですか。

 

しかもCZはART期待度が40%ほどある模様。

これはさくっと青ポイント貯めて、さくっとART当選が理想的ですな。

 

656~ 青ポイント&天井狙い

 

でも普通赤の方が熱い色だと思うけど、なんで青カウンターの方が偉いのかな?なんて思いませんか?

でもこれ多分、コンテンツの方をメインに考えたらこの色の強弱になったのかと思います。

 

よく知らないので違っていたら申し訳ないですが、赤い髪の毛のキャラがメインのヒロインで、青い髪の子がサブのヒロインっぽいんですよね。

で、一応演出的に赤の子なら赤が貯まりやすくて、青の子なら青が貯まりやすいのかな?

で、赤の子を演出で沢山出したいとなると、赤いポイントの方が貯まりやすくならざるを得ないと、そんなところなんでしょう。

 

確かに主役級のキャラがあまり出てこないとなると寂しいですもんね。

ただこのコンテンツをよくわからない僕のような人からすると直に青<赤でよいですけどね(二コリ)

でも、そういう作り手側のこだわり、嫌いじゃないです。

 

さて、さくっとポイント貯めますかとペシペシと叩き出すとチャンス役から早速

 

超高確に移行!!

 

そしてほどなくして

 

シナプスタッチに当選。

 

ちなみにここまで打っていてなにが起こっているのかよくわからない台は久しぶりです。

いや、初めてか?

 

シナプスタッチはポイント獲得ゾーンのようです。

 

こんな風に

 

まず二枚のカードが表示されて、それが裏返されて中身が見えなくなり、好きな方をタッチするという流れ。※画像はタッチした後の画像です

 

もちろん出来レースなのでしょうが、スロット(特に初打ち)は全力で楽しむスタイル。全力でタッチ!

赤い数字なので赤カウンターがこれで増えます。

赤い数字はいいから青い数字を早くプリーズ・・・ッ!

 

ちなみにこのシナプスタッチがポイント増加のメインとなるので、特別な特化ゾーンとかではなくちょくちょくと入ります。大抵2回獲得で終わりますが、続く時はもっと続くのかな?

そして入った後はもれなく超高確に移行します。上の画像の超高確もシナプスタッチのあとに移行したものです。

 

そしてこの台の驚愕ポイントを発表します!

 

通常時の8割くらいは超高確に滞在します。

 

もはや超高確という名の通常です。

初打ちだからもし超高確の上振れだったら申し訳ないですが、多分、いえ、おそらく通常時の8割くらいは超高確に滞在します。

 

通常→高確→超高確と3段階状態が存在しますが、この機種に限っては超高確が通常それ以下が低確と思って打って下さい。

 

バーゲンセールどころではないほど超の大安売り。

 

ついでにもう一つ言わせて下さい。

この機種圧倒的にリールが汚いんです!

 

ミニリールのテレビ台にリール部分を求めてどうするの?って思う方がいるかもしれませんが、他のミニリール台もスロットとしてのそれなりのこだわりを持って作られてるのがほとんどだと僕は思っています。

ましてや、こだわりどころか最低限の部分までないんです。

有効ラインはど真ん中一直線のみの1ライン機です。

それは別に構いません。

だからと言ってそれ以外のラインに一応ベル対応の黄色シンボルが揃うのにハズレのような制御にはしないで頂きたい。

せめて黄色シンボルが揃ったなら小役の払出をしっかりとしてほしい。そうでないのならずれた目にしてほしいんです。もしくは払出し有る時も全てにおいてずれ目にしてほしい。

テレビ台でもミニリールでちゃんとスロットとして打てるというのは大事だと思いますよ。今までのダクセルのテレビ台でもここまでリール汚いってことなかったと思うんですが、どうなんでしょう。

 

話がずれてしまいましたね。稼働日記に戻ります。

 

何度かシナプスタッチを繰り返している中、液晶が騒がしくなり突然

 

CZが確定しました。

う~ん、よくわからない。

 

ですが第一のチャンスが到来したことには間違いありません!

 

733 CZ六道(ぼんのう)チャンス当選

 

こちらは3つあるCZの中でも一番弱いCZですね。

 

消化中は成立小役を参照してポイントを獲得していきARTを目指すタイプのようです。

 

レバーオンで

 

カットインして

 

 

股間にボタンが出て

 

うお~っとなればポイント獲得したことが確定かな?

 

レバーオンで

 

 

カットインが出て

 

 

股間にボタンが出て

 

・・・の繰り返しで赤色の枠まで育ちましたが結果は・・・?

 

残念ながら失敗・・・。

 

まあ仕方がありませんね。

このCZ失敗からほどなくして初めてのご褒美タイムに当選!

 

突入回数的にこちらの方がポイント獲得が優遇されているものと思われます。

 

このご褒美タイムで念願の

 

青カウンターのポイントを5ゲット!
※ちなみにこのご褒美タイムはボタン連打演出となるのですが、ボタン連打のスピードがゆっくりだとこの引きの画面のままですが、早く連打するとバストがアップになってバインバインとなります。リールにこだわりはありませんが、こういうとこのこだわりはさすが。・・・さすが?

 

あと5ポイントで青カウンターは100になる!

 

そしてそのまま

 

天井ぉおおおお!!!

 

そうです、

青カウンターのポイント全然溜まりません。

まじで溜まりません。

 

青カウンター狙いで打つ方、注意してください。

本当に全然貯まりませんから!!

 

さて、この天井からARTはというと・・・

 

少し長くなりそうなので次回へ続きます!!

 

果たしてそらのおとしもののART性能は・・・!

そして青カウンターはいつ貯まるのか・・・!!

 

ご期待下さい。

コメント

  1. […] […]