スロット出玉規制案の正しい情報とパブリックコメントについて

気になる6号機への移行による規制についての続報となります。

前回、前々回は先行で出回っていた噂の内容で記事を書いてきました。

パチンコ出玉規制はヤフーニュースなどにも取り上げられたため、多くの人が目にしたかと思われますが、スロット規制も警視庁から正式な公表が行われました。

先行で出回っていた噂段階の内容とは少し違っているので、そこの訂正を踏まえて、スロットに関する規制のわかりやすい部分だけ個人的な考えとともにまとめてみました。
※また今回のことにより、前回・前々回に書いた内容で認識が間違っている部分があり、自分の勘違いしていることや知らないことなどがまだまだ沢山あるんだなと感じました。そこも含めて書きたいと思います

スポンサーリンク
336-280

スロット出玉規制案の正しい情報とパブリックコメントについて

スロット出玉規制について一番わかりやすい点は3点です。

前回までに書いてきた内容と似ていますが、出玉率については噂段階よりも若干の緩和がされています。

1、ボーナスの最大獲得枚数規制

【総払出が最大300枚まで(1枚掛け15枚払出の最大獲得で280枚)】
※噂段階のものと変更はありません
※現在の規制では最大で480枚(1枚掛け15枚払出の最大獲得で448枚)

2、短期出玉規制

【400回転回した時点で出玉が220%を超えていなければOK】
【1600回転回した時点で出玉が150%を超えていなければOK】
【6000回転回した時点で出玉が126%を超えていなければOK】
【17500回転回した時点で出玉が115%を超えていなければOK】
※噂段階のものよりも
400(200%)・6000(120%)・17500(110%)の出玉率に若干の上昇有り
※現在の規制では400-300%・6000-150%・17500-120%のみ存在

3、短期吸込規制

【400回転回した時点で出玉が33%を下回らなければOK】
【1600回転回した時点で出玉が40%を下回らなければOK】
【6000回転回した時点で出玉が50%を下回らなければOK】
【17500回転回した時点で出玉が60%を下回らなければOK】
※噂段階では未掲載(33%=1/3)
※現在の規制では17500回で55%のみ存在

出玉と吸込みを%で当てはめてメダル数で表すと下記のようになります

400回転回した時点で出玉が
400枚(800枚負け)~2640枚(1440枚勝ち)
の範囲に収める必要が有る

1600回転回した時点で出玉が
1920枚(2880枚負け)~7200枚(2400枚勝ち)
の範囲に収める必要が有る

6000回転回した時点で出玉が
9000枚(9000枚負け)~22680枚(4680枚勝ち)
の範囲に収める必要が有る

17500回転回した時点で出玉が
31500枚(21000枚負け)~60375枚(7875枚勝ち)
の範囲に収める必要が有る

ざっくりとですが上記のようなイメージとなります。

吸込みについては正直あってないようなものかなという感じですね。

一番関わってくる400回転でも、50枚で25回転以上のベースであれば当たりが引けなくてもOKラインです。

現状ある5号機でも25回転の台なんてミリオンゴッド凱旋とハイパーリノくらいしか思いつきません。

しかも25回転以上していればOKなので、極端な下振れさえしなければ凱旋のコイン持ちでもOKということですね。

まさにあってないようなものという言葉そのままではないでしょうか。

そしてここから下に書くことは前回までの記事で勘違いしていた内容となります。

前回記事では、パチンコ出玉規制で4時間の遊戯で5万円を超えないようにするということに対し、スロットでも同様の基準の規制をすると書いてあったことに対して、【一般的な時間当たりの遊戯が700回転なので、4時間で2800回転とすると・・・】と書きましたが、これは大きな思い違いでした。

風俗営業の観点から見た場合のスロットの1時間の遊戯は400回転が基準となっているようなのです。

まさに短期出玉規制の400回転の項目がこれにあたります。

そして、1時間=400回転の4時間分は1600回転となります。

これもまさに今回の規制で新たに出てきた短期出玉規制の1600回転の項目がこれにあたります。

この知識については全く知りませんでした。

そこに注目して見てみると1600回転で2400枚勝ちまでという規制案なので、まさに4時間で5万円以下という出玉規制に見事にあてはまるのですね。

え~っと、そうするとですね。

1600×1.5枚=2400枚となるので理論上は純増1.5枚(ボナ込み)まで行けるということになる…のかな?

あれ?

最近出てるのってこのくらいのスペックの機種結構あるような。

ツインエンジェルBREAKはボナ込み純増1.6枚と少しオーバーしてるけど、あれくらいならいける?

忍魂暁なんてまさにボナ込み純増1.5枚だったような。

それに上記二機種も含めてそうだけど、最近のARTの台はBIGボーナスなんて大体200枚位ですよね。

あれ?

300枚規制に嘆く必要ってあまりない・・・?

なんだこれ、上限ギリギリを攻めれば現状出ている台と大した差のないスペック出せるってことでしょうか。

まあ、現実問題としてはそのギリギリを攻めるっていうことが難しいというのが問題なのかもしれませんが・・・。

ギリギリを攻めて、少しでも試験で超えてしまったらメーカーは試験料の163万円が水の泡となるので・・・。

でもなんかこう考えて行くと、この規制ってノーマル機ばっかり不利になる規制のような気がしてきました。

それってどうなんですかね?

本来であれば、スロット本来の姿であるノーマル機の方が優遇されて然るべきだと思うのですが…。

まあ上記に書いたことは単純に発表された数値だけを見て考えただけのことなので実際にはもう少し厳しい現状なのかもしれません。
※また、もし間違えている点などありましたらご指摘して頂けると嬉しいです

あと、もう一点思い違いしていたことがありました。

こちらはスロットに対する思い違いではなくて、一般から意見を公募するというシステムについてです。

今回の6号機の出玉規制案も、公表を行い一般から意見を公募する形のパブリックコメント制度というものに則って発表をしております。

このパブリックコメントとは今回のスロットの件だけが特別のことではなく、様々な規則改正の際に一般の意見を聞きいれて、それを考慮することによって公正さと透明性の向上を図るための法制化された制度のようです。(日本語だと意見公募手続と言います)

このパブリックコメントには例えば

ストーカー行為等の規制等に関する法律施行令の一部を改正する政令に対する意見公募

道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令案に対する意見公募

などが行われたりしています。

その中の一つで今回の出玉規制の件も意見公募として内容を公表しているわけですね。

正式な案件名は

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則案

となるようです。

どの程度【考慮してくれる】のかはわかりませんが、今回の件に対する思いや言いたいことがある場合は、インターネットから手軽に送れるようなので意見を送ってみるのもいいかもしれません。住所・氏名・連絡先なども全て任意での記入となっていますのでそう気を張る必要もありません。

【警視庁】【パブリックコメント】などのワードで検索すればすぐに出てきます。

意見の締切は2017年8月9日までとなっています。

夏休みの宿題のようにギリギリになってやるよりは、早めにやっちゃった方がよいです。

ただ、お願いですからあまりぶっ飛んだ内容は送らないで欲しいです。

慎重に、慎重にいきましょうっ!!

スロットの未来がかかっているのかもしれないですからっ・・・!!!

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする