【グラフ】HEY!鏡、直撃KCや引き戻しを早々に複数引いていた台の終日挙動グラフ紹介

HEY!鏡は直撃KCと引き戻しKCに大きな設定差があるのは間違いなさそうですね。

設定狙いであれば早々に直撃KCと引き戻しKCを複数引いた場合は打ち続ける要素としては十分すぎるほどの要素となっているような気がします。

残念ながら自分で打った台ではないのですが、朝一の立ち上がりから早々に直撃KCと引き戻しKCを複数回引いていた台の終日グラフをご紹介致します。

スポンサーリンク
336-280

【グラフ】HEY!鏡、直撃KCや引き戻しを早々に複数引いていた台の終日挙動グラフ紹介

それがこちらのグラフ

どうでしょうか?

綺麗な安定した右肩上がりのグラフですよね。

・朝一推定HEY!カウンターから天国モードからボーナス→KCへ

・上記抜け後の次の当たりが直撃KC

・上記KC連中に引き戻し当選

・その終了後再度直撃KC

自分の台を少し遠くで打っていたので100%の正確さではないですが、履歴から察するにこのような動きをしていた台です。

HEY!鏡はその仕様上、誤爆の少ない機種です。

なのでその分、高設定…というか設定6の安定感と勝率はかなり優秀な数値になっていると思われます。

おそらく同じ機械割のAタイプなんかより全然安定しているはず。

また、こちらのグラフは直撃や引き戻しなどの様子は一切不明なのですが、

このようにいずれもある程度の差枚が出ている台は安定した右肩上がりを描いているものが多いです。

まあ、単純に考えてみれば

・ベースが高くて

・メインのボーナスが70枚(ATナビ10)と160枚(ATナビ20)
※CZ含めて考えると適当に約40枚(ATナビ10)と130枚(ATナビ20)

・上記条件で112%のハイスペック

これで安定しないわけがないですよね。

例えると

・50回転/1k

・1/124=レギュラー40枚

・1/124=ビッグ130枚

※合算1/62

こんなAタイプがあったらどれだけ安定して勝てるかってのと一緒ですよね。

解析が出るまでは確実なことは分かりかねますが、立ち回りの参考にしてみて下さい!

ただし、重ね重ねとなりますが解析が出ていない現状では、あくまでも上記参考をしての押し引きは各個での判断でお願い致します!

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする