身の丈に合ったスロットの立ち回り~今の自分がするべき立ち回りを知り、見誤らないこと~

スロットで勝つために、そしてスロットで楽しむために大事な身の丈に合ったスロットの立ち回りについて書きます。

最近の4か月負け収支という体たらくの奴が言ってもあまり説得力はないかもしれませんがw

まあ、10年以上兼業スロッターとして年間収支はずっとプラスということで勘弁してくださいねw嘘じゃないんですよ

身の丈に合ったスロットの立ち回りとは

ご存じの通りスロットは期待値を追いかけてその期待値分の収支を積み重ねて行くことでどんどんとプラスになっていきます。

なので体と時間が無限にあるのであれば1円の期待値でもあるならばどんな台でも打てばとにかく収支を積み重ねられます!

ただ実際には体も時間も一つなので収支目的で1円の期待値の台なんてまあ打つことはしないのが得策です。※あくまでもピン稼働の話です

そこでもしこんな2台が空いていたらどちらを打った方がよいでしょうか?※条件は等価・所要時間は非考慮として

1.ミリオンゴッド神々の凱旋のGG後900回転の台
参考天井期待値
ミリオンゴッド凱旋 非等価天井期待値解析
※引用「すろぱちくえすと」様

2.押忍番長3のART後ベル回数160回の台
参考天井期待値(ART間天井)

押忍!番長3 天井期待値0417更新
※ART終了後即やめ
※対決間ベル回数不問
※引用「期待値見える化」様

多くの人が単純に期待値の高いミリオンゴッド神々の凱旋が正解と言うかもしれません。

はたしてそうでしょうか?

ここで一つ「使えるお金が1万円しかなかったら」という条件がついたらどうでしょうか?

全ての人が押忍番長3が正解と言うかと思います。

条件を後付けするなんて卑怯だと思われるかもしれませんが、これはあくまでも極端な例としてあげさせてもらいました。

でも当然のことなんです。

だって人は一人一人みんな条件が違った状態でお店に来ているのだから。

仮に使えるお金が2万円だった場合、凱旋を選ぶか番長3を選ぶかは意見が分かれますよね?
※平均ゲーム数を参考に下振れはしないとして

凱旋の天井到達で最低300枚ほどのバックを選ぶか(投資2万 回収300枚)→手持ち6000円

番長3の天井到達で最低100枚ほどのバックを選ぶか(投資8千 回収100枚)→手持ち14000円

天井到達で単発だったという最低なパターンを想定した場合上記のようになります。

もしも使える2万円という金額が「今日使える金額が2万円」だったとして、そして収支のみを考えているのであれば正解は凱旋になりますね。

はたまた「今日使える金額が2万円」だったとして、収支の上乗せもしたいけど今日一日楽しみたいという気持ちもあるなら、正解は番長3かな?という感じでしょうか。

お次は「今月使える金額が2万円」だった場合は、単純な収支のみの人も、収支+打ちたい人も、どちらも番長3を打つのが正解になるんじゃないかなと思います。

もちろん上記はお金が無尽蔵に使える人にとっては全く関係のない話です。

ただ、少なからずホールに行く人はスロットでお金を儲けたい!と思ってきている人たちが大半だと思います。

そもそも無尽蔵の金持ちがせこせこ天井打つはずもないですからね。

というか、そうか。

「無尽蔵に金を持っている」という条件であれば「どっちでもいい」「好きな機種を打つ」が正解になるってことですね。

期待値だけが絶対的に正しいわけではなく、ローリターンでもローリスクを選ぶことも人や状況によっては正解になるんです。

これは金銭面だけでなく、時間であったり、もっと広い範囲で言えば人間関係であったり。

身の丈に合ったスロットの立ち回りが出来ているか考えてみてください。出来るようになればきっともっと楽しくスロットを打てるようになると思います。

ちなみに冒頭で「実際には体も時間も一つなので収支目的で1円の期待値の台なんてまあ打つことはしないのが得策です」と収支目的でなく、スロットが好きである程度お金に余裕がある趣味打ちでなら全然有り!となりますね!!

スポンサーリンク
336-280
336-280
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336-280