パチ屋にバッグを忘れた…なんとその中には

思い出

僕は普段あまりバッグを持ちません。

 

故に、たまにバッグを持ってる状態なんかでパチ屋に行くと…

 

 

スポンサーリンク

パチ屋にバッグを忘れた…なんとその中には

 

よく忘れてしまうのがショルダーバッグのようなどちらかと言えば小型のタイプのもの。

 

リュックサックのような大き目のバッグの場合は、足元に置くのですが、小型のバッグの場合はスロット台の上の棚に置いちゃいませんか?

 

そうすると、台を移動した時に大抵忘れてしまうんですよね。

当然、台の上を見ることなく移動するということはメダルが全く出ていない状態ということもわかりますね。

 

と、まあ、しかし、台の上に忘れていってしまっても、大抵は少し時間が経った頃に「あっ!」と思い出してダッシュで台に戻るとそのまま置いてあるのでほっと一安心、こんな展開が基本ですかね。

 

パチンコ屋って不思議なところで、誰も打っていない台にバッグが置いてあっても忘れ物と判断されずに、台を確保しているためにおいてあるものと判断されちゃうから結構長いことそのまま放置されるんですよね。

 

そんなある日のこと、朝からパチ屋に行き、そしてそのまま仕事場へ直行というある意味いつもの日常。

 

しかしこの日はショルダーバッグを持ってきていた。

そしてそのショルダーバッグを冒頭で書いたようにスロットの台の上に忘れてしまった。

 

そしてあろうことか、忘れたことに気付くことなく仕事場へ行ってしまったのです!

しかも…

 

忘れた初日の帰宅「ただいま~」

 

忘れた次の日の家で「あれ?バッグどこ置いたっけな?まあ家のどこかにあるか」

 

忘れた次の次の日の仕事場で「あれ…?そういや俺あの日パチ屋にバッグ置いてきたんじゃね?」

 

と、なんとバッグをパチ屋に忘れたことに気付くことなく2日ほどが経ってしまったのです。

 

もちろん気づいたのですから、その日の仕事帰りにパチ屋に取りにいきましたよ。

財布とか貴重品はバッグには入れないので、もしかしたら取られてなくなってしまっているかも…!という懸念はなかったんですけどね。

 

ただ、今回の忘れ物を取りに行くのはとても嫌でした。

だって、忘れ物を取りに行った時ってパチ屋に限らず大抵忘れたものの色や形、そしてバッグのようなものであれば中身を、本人が受け取りに来ている確認の意味でも聞かれることが多いですよね?

 

・・・

 

私「あの~、すみません。二日くらい前にバッグの忘れ物はありませんでしたか?」

 

店員「何色のどのようなバッグですか?」

 

私「ピンクと黒のショルダーバッグなんですけど…」

 

店員「少々お待ちください」

 

たったった…店員、カウンター奥へ向かい、バッグを持って帰ってくる。

 

店員「ありました。これですか?」

 

私「そうそう!それです!」

 

店員「確認のため、中身はなにか聞いてもいいですか?」

 

私「え…!?」

 

店員「中身は…?」

 

私「…」

 

店員「中身は…?」

 

店員「中身は…?」

 

 

店員「中身は…?」

 

 

 

 

 

私「紙おむつが1枚です」

 

 

店員「はい、それではどうぞ!」

 

私「うぅ…(恥」

 

・・・

 

もちろん紙おむつは当時小さかった子供用に持ってたやつなのですが、紙おむつが1枚だけ入ったバッグを忘れるというのはさすがに恥ずかしかったです。

 

当然、忘れ物となった日に店員はバッグの中身を確認しているわけで…

 

お!今日はバッグの忘れ物があるな?

中身はなんだ?仕事上調べておかなければなるまい!(…危険物でなければよいが…

 

バッグパカーッ

 

お…

おぉ…っ

 

おむつが一枚だけ入ってるぅ~~~~!!!

 

こんなことがあったであろうことを考えるだけで、恥ずかしくて涙が出てくる。

しかももうかれこれ10年くらい通ってる店なので間違いなく店員は私のことも覚えているから。

 

最悪、この忘れ物があってから当分の間は店員は私のことを「おむつ」と呼んでいたかもしれない。

 

今もだったらやだな…

 

あぁ…恐ろしや恐ろしや…。

 

皆さまもスロット台の上にバッグや物や財布を置いて遊んだ時は忘れて行かないように注意しましょう。特に紙おむつを入れている時はなおさら

コメント